スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA

あまりまじまじと空を見ることはありませんが、いろんな表情がありますね。
今日は秋らしいさざ波のようなすっきりした雲もありましたが、モネの絵に出てきそうなぼんやりした雲もありました。
ときどきは眺めたいものです。

IMG_2631-4.jpg

IMG_2624-3_201410252317176f4.jpg
C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA 花径15×16cm 1花茎3輪 2014/10/25撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

P1010766-2.jpg

P1010785-2.jpg

P1010783-2.jpg

P1010777-2.jpg
空 2014/10/25撮影
(LUMIX DMC-GH4,LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)
スポンサーサイト

C. labiata f.semi-alba(‘Antonio Paccione’בCooksoniae’)‘W-1’

最近写真について面白い記事を見つけました。
「プロカメラマンが教える! 知っておきたい写真のこと100」
http://www.gizmodo.jp/2012/05/photo100_24.html

参考になることがいくつもあります。
そうそう、と思うこともあります。
「84)風景写真は飽きる。」など納得できないものも少しありますが。

私も写真について10ほど考えてみました。
1)自分の写真で良いと思うのは10~20枚に1枚。
2)使わないレンズが多数ある。
3)使わないカメラが多数ある。
4)写真を撮らないので上達しない。
5)良い写真、良い絵画に触れるのは写真の技術向上につながるかはわからない。しかし人生や生活にとっては良い。
6)写真を撮ることが幸せならそれでいい。
7)写真を撮ることが好きならそれでいい。
8)笑顔は最高の被写体。
9)デジタルフォトフレームはほこりをかぶっている。でもまた役に立つことがあるかもしれない。
10)写真に愛を込めるのは難しい。人生の問題だから。

IMG_2576-3.jpg

IMG_2569-3.jpg
C. labiata f.semi-alba(‘Antonio Paccione’בCooksoniae’)‘W-1’ 花径15×17cm 2花茎7輪 2014/10/12撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

C. labiata f.rosea‘Jours Heureux’

前回の記事で私は「まっすぐに絵を観ていない」と書きました。
関連して思い出すのが、小林秀雄の「美を求める心」の言葉。

「ですから、感ずるということも学ばなければならないものなのです。そして、立派な芸術というものは、正しく、豊かに感ずる事を、人々に何時でも教えているものなのです。」

絵を観て感ずる、その感じ方にも学ぶところがあるということ。
確かに立派な芸術には、人の感じ方までも方向付けるなにかがあるのでしょう。

この「美を求める心」という文章はなんとも素晴らしくて、昔は小学校の教科書にも載っていたらしいです。
ちなみに「考えるヒント3」という文庫本で読めます。

過去に似た話題でこのブログにこんな言葉も引用していました。
「仕事で疲れた人に自分の絵を観ながら平穏な瞑想の時間を過ごしてほしい」(クロード・モネ)
「あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。」(夏目漱石「草枕」)

IMG_2544-4.jpg
C. labiata f.rosea‘Jours Heureux’ 花径12×12cm 2花茎8輪 2014/10/12撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

IMG_2485-2.jpg

IMG_2488-2.jpg

IMG_2491-2.jpg

IMG_2480-2.jpg
夕焼け 2014/9/23撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)

C. labiata‘W-1’

昨日に続き坂村真民について。
下記のページの2遍の詩にはうなってしまいました。
http://kuma3kuma3.com/zakki/shinmin/shinmin.htm
「二度とない人生だから」の最初と最後、感動します。

写真のラビアタは実生の初花です。
シーズンは過ぎてしまいましたね。
来年はもう少し良く咲いてくれるのでしょうか。

P1020793-4.jpg
C. labiata‘W-1’ 花径12×13cm 1花茎2輪 2013/12/1撮影
(LUMIX DMC-GH3,LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8)

C. labiata f.amesiana‘Pascal’

写真のラビアタ・パスカルはどうもきれいに咲かせづらくて、今回も5輪のうち1輪だけがきれいに咲きました。
もちろんその1輪を撮っています。
株が大きくなるときれいに咲くようです。

今日たまたま鹿児島・徳之島の小さな写真展を眺めてきました。
フウラン、エビネなど自生する蘭もたくさんあるようですね。
トンボなどの昆虫も興味深かったです。
昔は子供が登ったという大きな大きなガジュマルの木。
精霊が宿ると言われているそうです。
そしてうっそうとした森林。
行ってみたいです。
でもそういうところって近くないのですよね……。

IMG_8278-3.jpg

IMG_8277-3.jpg
C. labiata f.amesiana‘Pascal’ 花径14×17cm 2花茎5輪 2013/11/4撮影
(EOS5D2,EF100mm F2.8L マクロ IS USM)

C. labiata f.concolor‘Simoes’

年をとったからか、異常気象が続くからか、秋が短いです。
高校生の頃は秋というと、教室で椅子に座って机に肘をついてぼーっと窓の外を眺めたりしたような気がします。
うら寂しい景色に感化されて、なんだか相性の合う友達が欲しいなというようなちょっとセンチメンタルな気分になったりしました。
日々忙しいのも、忙しい気になっているのもイヤなものです。
寝る前に落ち着いて本でも読もうと思います。

IMG_8248-5.jpg

IMG_8246-3.jpg
C. labiata f.concolor‘Simoes’ 花径11×12cm 2花茎5輪 2013/11/2撮影
(EOS5D2,EF100mm F2.8L マクロ IS USM)

C. labiata f.semi-alba(‘Serenity’בBom Dia’)‘W-2’

「この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜」という歌をご存じですか?
サザンオールスターズを知っている人でもこの曲を知っている人は少ないでしょう。
私は特に歌詞をとても気に入っています。
だいたい歌詞についてブログに書く場合に1曲の中から特に共感するフレーズをピックアップすると3つ程度なのですが、今この曲の歌詞をあらためて読むと8つありました。

「愛なき世界に影呼ぶSunshine」
「陽光あびて失くしたあの記憶は母がくれた子守り歌」
「人間は愛求め行く」
「暗いビルの谷間に揺れ咲いた花に胸が痛むなら」
「過去を憂い嗚呼時代を超えて人間の夢は叶うだろう」
「物質に癒された人生は暗い」
「One dreams creates tomorrow」
「夢を叶えて… 花を咲かせて…」

8つそれぞれにいちいちコメントを書くのは野暮なのでしませんが、まさに万物の根源や本質がここに極まれりという気がします。
太陽、母、愛、夢、花…、いやすごいですね。
昨夜、寝る前に聞きました。


写真は昨日掲載した花の兄弟株です。
今日の‘W-2’と昨日の‘W-1’を一昨日と今日の2日撮影しましたが、‘W-2’は29枚、‘W-1’は10枚撮っていました。
‘W-2’のほうがちょっとワイルドで撮る意欲をかき立てられたのです。
でもカトレアフェアで皆さんは‘W-1’のほうを投票で選んでくださいました。
‘W-1’のほうが花が大きくリップが濃いのですが、撮影するなら‘W-2’。
面白いものです。

IMG_8265-3.jpg

IMG_8273-3.jpg

IMG_8262-3.jpg
C. labiata f.semi-alba(‘Serenity’בBom Dia’)‘W-2’ 花径13×15cm 1花茎4輪 2013/11/4撮影
(EOS5D2,EF100mm F2.8L マクロ IS USM)
calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。