スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. World Vacation‘Nailobi Sunset’BM/JOGA,JGP

今日サンシャインの蘭展でいろいろな蘭の写真を見てきました。
写真については何が良いのか分からなくなったというのが感想です。
自分でこんなものかなと思うものを撮り続ければいいのですが、いろいろな視点からの別の写真からも得るものはあるような気がします。
自分に合うものというのが、固定化していくのがちょっと怖いようでそれでいいとも思うようでよく分からなくなりました。
あまりいろいろ思っても仕方ないかな。

ナイロビサンセットの開花状態での入手時の写真です。
プロが栽培し花の咲き方を揃えると、自分が育てて花の咲くままにしているより、よほどきれいに咲かせられるのだとあらためて思いました。

それとこの写真のカメラは、最新のEOS kiss X5という機種の5世代前のkiss Nという機種であり、レンズもサードパーティー製のお手軽18-200mmレンズというのに気づき、新しい高性能カメラを追い求める自分への戒めになりました。
でもやっぱり新しい高性能なカメラはとても欲しいです。

久しぶりに小説を読み、それに影響されたのか何か自分が書くものが変な気がします。
あの芥川賞受賞会見の時、「受賞の連絡のときどうされていましたか?」と記者に聞かれ「風俗に行っていなくて良かった」とコメントし大いに話題になった西村賢太氏の「苦役列車」を読んだのです。
衝撃的ともすばらしいとも思いませんでしたが、何かしら、今何かはわかりませんが影響を受けました。

IMG_0008-5.jpg
C. World Vacation‘Nailobi Sunset’BM/JOGA,JGP 2008/3/9撮影
スポンサーサイト

蘭友会らん展(池袋サンシャイン)

今日は池袋サンシャインで開催されている蘭友会らん展に行ってきました。
会場は昨年私が訪れた週末よりも盛況でした。
展示花が多かったのも良かったですし、出店している蘭園が私にとって昨年よりもさらに魅力的でした。

いつもは蘭展に行っても、会場ではそれほど話をせず、ざっと一回り花を見て帰ってしまうのですが、今年はいくらか知り合いとお話しして、また蘭園の方とお話しして楽しいひと時もありました。
自分の蘭の写真も1枚展示をお願いしており、それも見てきました。
やっぱり大伸ばしにするには、もっともっと良い写真でないとダメだなと思いました。

人とお話ししたという点では、エクアドルの蘭園の方に英語で話しかけられたのは、最近習った英会話が役に立ちました。
エクアドルには蘭園は2つしかない、ほとんどの人がスペイン語を話し英語を喋るのは20%くらいというようなことでした。
やっぱり会話力は、度胸とか勇気による部分はあると思います。

もう一つは、ある蘭園の方で私が交配し専門業者さんに依頼してできたフラスコ苗にとても興味を持ってくれて、一部をお分けすることになったのは収穫でした。
特にその話をしようと思っていたわけではなかったのですが、その方と雑談を続けているとふとフラスコ4本のうち、一部をその蘭園からの流通用にお分けしたらどうかと以前考えていたことを思い出したのです。
私の叔父がミカンの新品種を作出しそれが今や全国に広まったりしていることの影響もあって、自分が交配した蘭が広く流通するというのは、私にとって一つの小さな夢みたいなものです。
もちろんフラスコ苗の一部をお譲りしてそれが全国に広まったりすることは、ミカンとカトレアの普及度の違いや苗の絶対数を考慮すると、とても現実的にはありえません。
ただ本当に良い花が咲けば広がっていくこともないわけではありません。
自分もそういう花があるように、人の胸を踊らせるような花というのはやはりあります。
良い花が咲かないかな! 

となんだか自慢話のような話になってしまい、少し自分を嫌悪していますがお許しくださいませ。
誰に言っているのというつっこみはなしとして。
でも何かしらイベントのようなことがあると、張りが出ますね。
プライベートで残念なことがあったことが、文章に影響していないことを祈りつつ。
ところで、花の写真は南の島のただのハイビスカスでサンシャイン蘭展とは関係がありません。

IMG_1469-3.jpg
ハイビスカス 2011/3/7撮影

Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA

今年のこの花は2花茎15輪で咲きそうでしたがナメクジか虫の食害にあい、数輪となりました。
一番下の写真の2009年の秋には20輪近く咲きましたが、こればっかりは仕方ないですね。
ちなみに一番下の写真は、5/26からのサンシャイン蘭展にも展示させていただきます。(会員なら誰でも展示できます…)
自分の写真が展示されるのはきっとちょっとうれしいし恥ずかしいでしょうね。

2年ほど前に京成バラ園のバラの写真コンテストに応募した際にも展示されましたが、それを見たときも恥ずかしかったです。
まあ、それには人物も写っていたからでもありますが。
今回は被写体が花だけだから、大丈夫でしょう。

IMG_1741-3.jpg
Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA 2011/5/22撮影

IMG_1758-3.jpg
Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA 2011/5/22撮影

IMG_2369回転後-4
Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA 2009/11/11撮影

赤いバラ(品種名不明)

今日は暑い日だと思っていたら、昼過ぎから急にひんやりとした空気になり、大雨が降り出しました。
蘭もバラもびっくりしたかな。

頂き物のバラが初めて咲きました。
家のベランダで栽培し始めてからすぐ葉が一度は全部落ち、これはだめかと思いましたが、バラは強いですね。
初めての春で咲いてくれました。
真紅というよりよりは、やや明るめの赤いバラでした。
品種名が分からないとのことで、最初ちょっと残念でしたが、咲いた花が気に入ればそれでいいかと今日咲いてから思いました。

ほかにベランダには2つバラがあるのですが、こちらは昨年咲いたのに今年は蕾がきません。
試供品のような化成肥料をやっていたのですが、今日有機の油粕に変えてみました。
1月の終わりごろ植え替えもきちんとし、元肥もやってはいたのですが。
気長にやっていこうと思います。

IMG_1712-5.jpg
バラ(品種名不明) 2011/5/22撮影

IMG_1734-6.jpg
バラ(品種名不明) 2011/5/22撮影

IMG_1734-8.jpg
バラ(品種名不明) 2011/5/22撮影

Rlc. Quiet Dandy‘Yokohama’

暖かくなり、いや暑いと言ってもいいくらいの日もあり、温室内から温室外に半分くらい蘭を出しました。
温室内でもいいのですが、日照時間が室外のほうが長いようですし、風もあり、自然の雨に当たるということで出しました。
養生したい苗は出しませんでした。

先ほど、前回の日記にコメントを頂いているのに気づき、それを参考にちょっと自分がこの花のどこを見たかという視点でトリミングしてみました。
今日の昼間、このトリミングした視点で少しですが、見つめていました。
次回からは、トリミングではなくマクロレンズなどを使ってみて、見た部分を撮影してみようと思います。
何事も気が向いたら、また、そこを良く見つめたらということにはなってしまいますが。
でもいろいろな視点で何かを見つめたり、考えたりするのはいいことだと思います。
一心に見つめるのも、何と言いますかいい汗をかきますが、ふと別の視点から見てあれっいいかもということがあると、そういう汗が霧となり消えるような爽快感を感じることがあるような気がします。

4月に始めたスカイプでの英会話は忙しくなりいったん休止しました。
自分にとってとても良い経験になりました。

IMG_1699-4.jpg
Rlc. Quiet Dandy‘Yokohama’ 2011/5/14撮影

IMG_1692-0-1.jpg
Rlc. Quiet Dandy‘Yokohama’ 2011/5/14撮影(トリミング)

C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA

この株は昨秋の写真ですが、2007年に東京ドームで苗を入手し育てたものです。
最近テニスはあまりしなくなってしまいましたが、蘭栽培は長く続けようと思います。
蘭栽培、カメラ、パソコンは飽きません。
テニスもやれば楽しいのですが、勝ち負けがあるので疲れます。
やりたいと思ったことをやればいいかな。

IMG_0630-9.jpg
C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA 花径16×17cm 2010/11/14撮影
calendar
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。