スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉・長谷寺

鎌倉・長谷寺からの眺めとお地蔵さんです。
お地蔵というとこれまでやや暗いものとして引き気味に眺めていたのですが、おやっと少し驚きました。

ところで、タイの洪水で同国の蘭栽培にも50億円規模の被害が出ているようです。
復旧には5~6年、来年4月以降の出荷ピークにも間に合わない可能性があって、対日輸出にも影響しそうとのこと。
苗が全滅した農家もあるようです。
そうした農家に全滅を免れた農家から苗を融通したりもしていると。
一面の泥水に、茶色くなったデンドロビュームが散乱している写真を見ました。
タイの洪水では、ニコンなどカメラメーカーにも大きな影響が出ていて、カメラの好きな私は気になっていたのですが、蘭にも影響があるとは。
天災は昔から絶えずあるものですが、ここのところ割り切れない気持ちが続きます。

IMG_2794-2.jpg

IMG_2797-2.jpg

IMG_2782-2.jpg
鎌倉・長谷寺 2011/11/24撮影
スポンサーサイト

Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA

いつも私を楽しませてくれる花です。
今年は4花茎31輪で咲きそうで、今は1つめの花茎だけ咲いています。
芽吹きがほど良く、バルブは上にスラリと立ち上がり、生育も早くて、肥料の効きも良い、育てやすい個体だと思います。

このMiura Otome(ミウラオトメ)との出会いが自分の蘭栽培の第二の節目だったと思います。
それは惹かれるカトレアの花がなくて、蘭展に行ってもいつも何かもの足りない気持ちで帰っていた頃でした。
渋谷東急の蘭展でMiura Otomeを見たときにパッと視界が明るくなったのを覚えています。

第一の節目は父の定年記念旅行の伊豆・堂ヶ島洋蘭センターのお土産コーナーで出会ったLinda Ann(リンダアン)です。
竹は節と節の間が詰まっているのが良い竹だと言います。
人についても、節目が人を大きくすると言われることがあります。

もちろんMiura Otomeとの出会いで私の人間が大きくなったなどとは言いません。
節目というよりは、契機とかきっかけと言った方が良いかもしれません。
ただあのときから生まれたこの花への熱情から、いくつかの大切な出会いがあり、知識も増え、栽培を続けてきたことは確かです。

この先、何が節目かなんて分かりません。
でもちょこちょことチャレンジです。

IMG_2862-2.jpg
Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA 花径13.5×13cm 2011/11/26撮影

(B. Jimmy Cricket × Blc. Chinese Beauty) × C. Lin-Lo Beauty

もう少し喉のところがおしとやかであったらと思いますがこういう花です。
グリーンの色は良いと思っています。
撮影の際、白いラベルを取るのを忘れていました。

IMG_2666-3.jpg

IMG_2671-3.jpg

IMG_2657-3.jpg
(B. Jimmy Cricket × Blc. Chinese Beauty) × C. Lin-Lo Beauty 花径8.5×8.5cm 2011/11/23撮影

C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA 田村正次氏撮影

写真家の田村正次さんに撮影していただいたミユキピュアの写真(ポジ原板)をいただきました。
それを写真屋さんでスキャンしてもらったデータを縮小して掲載します。

私の写真より生命力や活力が感じられる気がします。
画質の点では、スキャンして縮小した画像では判りづらいですが、ポジフィルムに精緻に写された花は、これまでデジタル写真に親しんでいただけの私には驚きでした。
花弁の質感も素晴らしいと思います。
ありがとうございました。

(なお、この写真はすでに設営されているセットに田村さんにお願いしてわずかな時間で撮影していただいたものです。当日は曇っていましたが晴れのときのライティングのほうがもっと良くなるそうです。またスキャンの関係で周辺がケラれています。元の写真はもっと広く撮影されています。さらに私は通常画像を縮小する際にはシャープネスをかけますが、こちらは元画像の柔らかさを重視して縮小のみです。)

IMG-0001.jpg
C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA 田村正次氏撮影

C. Mini Purple‘Gekko’BM/JOGA

写真家の田村正次(たむらしょうじ)さんにこの花を撮影していただいて、ほぼ同じアングルから自分のカメラで撮影させてもらいました。
田村さんは雑誌「new ORCHIDS」(ニュー・オーキッド)の表紙など蘭の写真でも活躍されています。

当たり前ですが、プロの方のライティングは違います。
学ぼうと思えば学ぶことが山ほどあります。
ああ、奥が深い…。
良い経験になりました。

※12/5追記
その後、厳密には田村さんは写真のプロではないということがわかりました。
しかしながら日本写真作家協会や現代美術協会などで、活躍されていらっしゃいます。

IMG_2855-5.jpg
C. Mini Purple‘Gekko’BM/JOGA 花径10×11cm 2011/11/26撮影

横浜・ベイブリッジ

ベイブリッジは何度も見たことがありますが、これだけ大きく撮影したのは初めてです。
海はいいなあ。

IMG_2728-2.jpg
横浜・ベイブリッジ 2011/11/23撮影

C. Miyuki Garnet‘Mari’

昨日今日で横浜・鎌倉を歩いてきました。
鎌倉は先日の台風がひどかったことと、まだ見頃には早く、紅葉はいまひとつでした。
それでもいろいろ歩いて楽しむことができました。

帰りに晴海の蘭展に立ち寄りました。
蘭園の方、お花屋さんの方、蘭友会の方とたっぷり話せて、気持ちを少し高ぶらせながら会場を後にしました。
ありがとうございました。

写真は、自分で交配して育てた花が2輪咲きそろいましたので再度撮影しました。
三脚を使わないと微妙に手ぶれしてしまいますね。
それか感度を相当上げるかですが、画質が悪くなるのもイヤ。
面倒がらずにまず三脚!

IMG_2640-3.jpg

IMG_2646-7.jpg
C. Miyuki Garnet‘Mari’ 花径6.5×7cm 2011/11/23撮影
calendar
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。