スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chz. Otome Romance‘Only One’

明日は四国の蘭友のところへ遊びに行きます。
朝一番の新幹線だから早寝です。

写真の花は何度目かの掲載ですが、自分で交配して苗から育てました。
交配親は以下です。
C. purpurata f.russelliana‘Graciana’ × Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA
2苗しか発芽しませんでした。
もう一つの苗はかなり発育が遅く初花まであと数年かかりそうです。
蘭友会の例会で尊敬するUさんが褒めてくださったのが嬉しかったです。

IMG_8726-3.jpg
Chz. Otome Romance‘Only One’ 花径15×12cm 2花茎10輪 2013/12/8撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM)
スポンサーサイト

Rlc. Chia Lin‘Shin Shyn’SM/JGP'96-JOGA, AM/AOS-OSROC-OIOS 等

気持ちいい冬晴れでしたが寒いですね。
先週たくさんの花を切ってしまいましたので温室は少し寂しくなりました。

そう言えば、昨日横浜そごうの蘭展に行ってきて、展示花にChz. Miura Otome‘Christmas Eve’BM/JOGAがありました。
とても濃いピンク色に咲かせていて驚くとともに勉強になりました。
強めに日光を当てているのだと思います。
真似できたらいいですね。

IMG_8893-3.jpg
Rlc. Chia Lin‘Shin Shyn’SM/JGP'96-JOGA, AM/AOS-OSROC-OIOS 等 花径13×15cm 1花茎2輪 2013/12/28撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM)

Chz. Miura Otome‘Christmas Song’

メリークリスマス!

ときどき写真や美術や楽曲について芸術っぽい話を書いたりします。
がしかし、生活の中にこそ芸術はあるのだとも思います。
熱心に仕事をしたり、人とコミュニケーションをとったり…。
ある尊敬する人は、仕事と子育てに100%集中していると断言していますが、その人の生き方はまさに芸術的なのです。
一言で言えば美しいということ。
私も少しは見習いたいものです。
そんなことをクリスマスに思いました。

このミウラオトメのクリスマスソングという花は、ほかのBM(ブロンズメダル)を受賞しているいくつかのミウラオトメよりも花全体が丸くリップもかなり大きいですし輪数も多めですから、なかなか優れた個体だと思います。
審査はきっと受けていないのでしょう。
クリスマスに咲くのがいいですね。
ミウラオトメは優しい雰囲気の花なので好きです。

IMG_8864-3.jpg

IMG_8868-3.jpg
Chz. Miura Otome‘Christmas Song’ 花径12×12cm 3花茎11輪 2013/12/23撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM)

Chz. Miura Otome‘Christmas Eve’BM/JOGA

今日、ジョンレノンの「Happy Xmas (War Is Over)」をカバーで聴く機会がありましたが、本当にいい曲ですね。
みな幸せを感じるイヴでありますよう。

IMG_8844-3.jpg

IMG_8848-3.jpg
Chz. Miura Otome‘Christmas Eve’BM/JOGA 花径12.5×12.5cm 1花茎4輪 2013/12/23撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM)

Rlc. Red Crab‘Kuan-Miao #10’AM/OSROC

このコンパクトデジカメは太陽光下でカトレアの色がきれいに出ます。
以前四国の蘭の先輩から教えてもらって中古品をネットで入手してしまいました。

今年もあと1週間ほどですね。
いつも1年は早いと言いますが、今年はそうでもなかったような気がします。

DSC00931-3.jpg
Rlc. Red Crab‘Kuan-Miao #10’AM/OSROC 花径12×12cm 1花茎2輪 2013/12/8撮影
(DSC-W300)

C. trianae‘101202’

昨日は、科学技術館の蘭のフリーマーケットと国立新美術館の印象派展に行きました。
フリーマーケットは多くの方と話せて楽しかったですね。
印象派展もまた良かった。
会場に入ると最初の絵がモネで、おおよその展覧会というものは最初はそれほど有名な画家の絵ではないので、少し驚いて息が詰まる思いをしました。
またその時、自分のまわりの空気がひんやりと澄んでいくような感覚を味わい、それだけで行って良かったと感じました。
モネの絵は以下の2点で素晴らしい絵でした。
「藁ぶき屋根の家」 上原近代美術館から
「サン=ジェルマンの森の中で」 山形美術館から
そして、ゴッホの絵も良かった。

写真のトリアネーはペタルがいかにもトリアネーらしく垂れ下がっています。
整型とは言えないながらも、色もやわらかくてなんとなく惹かれる花です。
薄暗くなって撮影したのでデジカメのホワイトバランスの関係で、リップの赤色が少しセルレアっぽく写ってしまいました。

IMG_8814-3.jpg
C. trianae‘101202’ 花径14×15cm 2花茎4輪 2013/12/22撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM)

C. Persepolis‘Splendor’AM/AOS,JOS

雪の予報でしたが、雨ですね。
交通機関の遅れはイヤだけれど、雪は嫌いじゃないから少し残念。

写真の花は我が家では2回目の開花です。
昨年の花径は14cmほどでしたから、一回り大きく咲きました。

IMG_8656-3.jpg
C. Persepolis‘Splendor’AM/AOS,JOS 花径16×17cm 1花茎2輪 2013/12/6撮影
(EOS5D2,EF100mm F2.8L マクロ IS USM)
calendar
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。