スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. trianae‘110103’

先日、ブログを書くのは自己愛と言うのをちょっと否定するようにいきがってみましたが、甘かったです。
いろいろ自分のやろうとしていることを振り返ると、自分は自己顕示欲の塊でありました。
と、つまらない告白はここまでにして。

ここしばらく読んでいる本は著者が60代以降の頃に書いた本ばかりで、例えば瀬戸内寂聴なら70代の頃、荒木経惟も60代以降、小林秀雄も60歳頃でした。
そんな、人を愛し続けて達観した仙人のような人の書いたものばかり読んでいたら、どうにも自分が背伸びをするようになっていたのかもしれません。
私は地に足がついていなかった。

瀬戸内寂聴のまだ若く40代の頃の吉行淳之介や遠藤周作との対談を読んでいると、意外にも若い人なりのことを言っているんですね。
「小説を書くってことは、自己顕示欲でしょ」などとあります。
(小説もブログもツイッターも似たところがありますね。)
もちろん若くして既に非常に鋭く、光るところがあってしかも当然地に足はついているのですが、それでも若い人なりです。

自分で自分がどういう状況にあるか、そのくらいは自分で考えなければいけないのに、思慮が足りないですね。
少し前に載せたような詩みたいなものをひたすら書き続けていれば多少はましになることはわかっていながらも…。
また明日…。

IMG_0631-3.jpg

IMG_0630-3.jpg
C. trianae‘110103’ 花径14×14cm 1花茎2輪 2014/3/30撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)
スポンサーサイト

Rlc. Digbyano-Purpurata

写真の花は初花です。
digbyanaの香りを少し弱くした芳香があります。
昼間でも香るのはpurpurataの性質が遺伝しているのでしょうか。
1輪でなく2輪咲いたのが香りとともに少しうれしいです。

IMG_2112-3.jpg

IMG_2114-3.jpg
Rlc. Digbyano-Purpurata 花径14×13cm 1花茎2輪 2014/7/13撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)

Rl. digbyana‘Miho’

文藝春秋をちょっと読んでいたら「ツイッター、フェイスブック……私はつながりたくない」という記事があって、「ツイッターのつぶやきをつきつめると単なる自己愛の羅列にすぎない」と書いた作家がいました。
なかなか鋭いです。
はっきり言って私のブログにも言えるでしょう。
しかも「人前で自己愛を発散するのは恥ずかしい」とも書いてあります。
であれば人前に出して恥ずかしくないものを書きたいですね。
自己愛でも他者への愛でも無欲でもどれでもいい、人前に出して恥ずかしくないものならば。
意識したいものです。

IMG_1986-3.jpg
Rl. digbyana‘Miho’ 花径13×14cm 1花茎1輪 2014/7/3撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)

(C. World Vacation‘Costa del Sol’BM/JOGA×Rlc. Twenty First Century‘New Generation’SM/JOGA)‘W-1’

以前、太陽について少しだけ書いたことがありました。
http://photorchid.blog102.fc2.com/blog-entry-828.html
最近知ったのですが、「昔、古代人はみんな太陽を拝んだ。この信仰は人類どこにでもある信仰です。今だって太陽を拝む人はいます。」ということを小林秀雄は言っていました。
太陽を崇めるのは常識に近いことだったのですね。

太陽を神聖と考えること。
それはどこから来るのでしょう。
太陽が美しいからです。

太陽が美しいと感じる気持ちは自分自身のものとしてあります。
いつか海で見た夕陽は、「夕陽が美しい」と書いてあったからではなく、また親から「夕陽は美しい」と教えられたわけでもなく、美しいと感じたのです。
先日の台風の翌日、夕陽がビルに照り返しているのもきれいでした。

美しいものがなぜ神聖か。
自然だからでしょう。
人間が造ることができるかできないか、自然はその議論を超えています。
自然は美しいのです。


この花は初花です。
兄弟株には、ずんぐりむっくりの株とスラリと伸びる株がありますが、この株は前者です。
花が少し痛んでいますし、もう少し株も大きくなるでしょうから、次回に期待します。

IMG_1988-5.jpg
(C. World Vacation‘Costa del Sol’BM/JOGA×Rlc. Twenty First Century‘New Generation’SM/JOGA)‘W-1’ 花径11.5×9.5cm 2014/7/5撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)

椿の芽生え

3月下旬に種をまいていた椿が芽生えています。
同じ親なのに兄弟がもうそれぞれ違うものですね。
夏に乾かしすぎてダメにしないよう気をつけなくては。
早く大きくなあれ。

春の種まきの記事↓
http://photorchid.blog102.fc2.com/blog-entry-830.html

IMG_2039-3.jpg
椿の芽生え 2014/7/6撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)
calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。