スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rlc. Memoria Seichi Iwasaki‘Tanaka’PC/JOS

明日から天気が崩れそうです。
11/3は鴨川カトレアフェアに行く予定なので雨が降らないでほしい。
年に一度、この蘭展には参加しています。
いろんな方と蘭の話をするのが楽しみです。

IMG_2677-3.jpg

IMG_2678-3.jpg
Rlc. Memoria Seichi Iwasaki‘Tanaka’PC/JOS 花径12×13.5cm 2花茎7輪 2014/10/26撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)
スポンサーサイト

C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA

あまりまじまじと空を見ることはありませんが、いろんな表情がありますね。
今日は秋らしいさざ波のようなすっきりした雲もありましたが、モネの絵に出てきそうなぼんやりした雲もありました。
ときどきは眺めたいものです。

IMG_2631-4.jpg

IMG_2624-3_201410252317176f4.jpg
C. labiata f.semi-alba‘Miyuki Pure’SM/JOGA 花径15×16cm 1花茎3輪 2014/10/25撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

P1010766-2.jpg

P1010785-2.jpg

P1010783-2.jpg

P1010777-2.jpg
空 2014/10/25撮影
(LUMIX DMC-GH4,LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)

C. labiata f.semi-alba(‘Antonio Paccione’בCooksoniae’)‘W-1’

最近写真について面白い記事を見つけました。
「プロカメラマンが教える! 知っておきたい写真のこと100」
http://www.gizmodo.jp/2012/05/photo100_24.html

参考になることがいくつもあります。
そうそう、と思うこともあります。
「84)風景写真は飽きる。」など納得できないものも少しありますが。

私も写真について10ほど考えてみました。
1)自分の写真で良いと思うのは10~20枚に1枚。
2)使わないレンズが多数ある。
3)使わないカメラが多数ある。
4)写真を撮らないので上達しない。
5)良い写真、良い絵画に触れるのは写真の技術向上につながるかはわからない。しかし人生や生活にとっては良い。
6)写真を撮ることが幸せならそれでいい。
7)写真を撮ることが好きならそれでいい。
8)笑顔は最高の被写体。
9)デジタルフォトフレームはほこりをかぶっている。でもまた役に立つことがあるかもしれない。
10)写真に愛を込めるのは難しい。人生の問題だから。

IMG_2576-3.jpg

IMG_2569-3.jpg
C. labiata f.semi-alba(‘Antonio Paccione’בCooksoniae’)‘W-1’ 花径15×17cm 2花茎7輪 2014/10/12撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

C. labiata f.rosea‘Jours Heureux’

前回の記事で私は「まっすぐに絵を観ていない」と書きました。
関連して思い出すのが、小林秀雄の「美を求める心」の言葉。

「ですから、感ずるということも学ばなければならないものなのです。そして、立派な芸術というものは、正しく、豊かに感ずる事を、人々に何時でも教えているものなのです。」

絵を観て感ずる、その感じ方にも学ぶところがあるということ。
確かに立派な芸術には、人の感じ方までも方向付けるなにかがあるのでしょう。

この「美を求める心」という文章はなんとも素晴らしくて、昔は小学校の教科書にも載っていたらしいです。
ちなみに「考えるヒント3」という文庫本で読めます。

過去に似た話題でこのブログにこんな言葉も引用していました。
「仕事で疲れた人に自分の絵を観ながら平穏な瞑想の時間を過ごしてほしい」(クロード・モネ)
「あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。」(夏目漱石「草枕」)

IMG_2544-4.jpg
C. labiata f.rosea‘Jours Heureux’ 花径12×12cm 2花茎8輪 2014/10/12撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

IMG_2485-2.jpg

IMG_2488-2.jpg

IMG_2491-2.jpg

IMG_2480-2.jpg
夕焼け 2014/9/23撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)

Rlc. Dark Eyes‘Ola Forbes Wickham’AM/JOS

久しぶりの更新です。
先日会社帰りに少し時間があったので、国立新美術館のオルセー美術館展とチューリヒ美術館展を一緒に観てきました。
前者は印象派中心、後者はいろいろな画家の絵画で、後者のチューリヒ美術館展のほうがより楽しめました。
オルセーにはパリに旅行した際、一度行ったことがあるからかもしれません。

偉大な芸術に触れると圧倒されます。
口が少し歪みそうになるのを感じました。
でもこれはきっとまっすぐに絵を観ていないからのような気がします。
美術館に行ったのはあまりに久しぶりで、戸惑う自分がいました。
家にはいろんな画集があるのだから、いろんな読んでいない本があるのだから、スマホばかりいじっていないで、宝物にもっと触れましょう。

IMG_2501-4.jpg
Rlc. Dark Eyes‘Ola Forbes Wickham’AM/JOS 花径14×14.5cm 1花茎2輪 2014/9/23撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)
calendar
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。