スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕らの紙版画日記」

「僕らの紙版画日記」


少ないけれど色々な、そんな世界が僕の原版の上に再現された。流れ星や満月や海や岩や虎や手摺。

1997年12月9日。
紙版画で年賀状をつくろう。紙版画とは、厚紙の凸版を用いてプリントした絵のこと。作り方はカルチャースクールで習ってきた。必要なものは、厚紙、のり、ローラー、インク。
準備ができたら下絵を描こう。

まずは虎から連想する。二匹。雄と雌が決まる。場所はどこかの岬になる。肌寒い夜。波の音が聞こえる。そんな風に浮かんでくるイメージを下絵に描く。
次に月や虎の下絵をカーボン紙で厚紙に写す。それから必要なところを、丁寧に切り抜く。星のきらめきや虎の目には細やかに指を使う。
切り抜かれた虎を見ながら、向きは二匹とも左側、西の方で大丈夫、と思う。
そしてまっすぐな水平線はカッターに定規を添えて切る。
切り抜いた厚紙を遠くの景色から順に貼りつけていく。遠くから近くへ重ねて逆に、近くの手摺から強くプリントする。
貼りつけられた虎は、空に浮かぶ鳥のようだ。ごつごつした岩は滑らかになった。小学校の時、図工が苦手だったことを思い出す。
最後にカバーをつけておく。これでインクをローラーでのせる際、インクがあふれても平気になる。
とうとうプリントするための原版が完成した。指で目の前にそれを立ててみた。
原版の中の手摺に凭れて、ふわふわと進む虎と虎を眺めてみる。ゆっくりで、加速度はついていない。そろそろと進む。

さあ、早いとこインクをのせてプリントしよう。インクはローラーで広げよう。
そしてそれから宛て名を書こう。

(同人誌「蕾」 1998年4月号)

IMG_0001-2.jpg
城ヶ島公園 2008/3/1撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。