スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. labiata f.concolor‘Simoes’

昨年よりきれいに咲いてくれました。
ペタルがもう少ししっかり開いてくれればいいのですが、まだ株が充実していないのかもしれません。
(数日待てば開く可能性はありますが。)
昨年の開花写真→http://photorchid.blog102.fc2.com/blog-entry-21.html
光の当たり具合など違うので写真での比較は難しいですが、記憶と照らしても今年のほうがきれいだと思います。

ただ株自体はそれほど強くないのかそういう性質なのか、古めの葉が黄ばみつつあります。
この株は今は水ゴケで植えていますが、バークにもチャレンジしてみようかと思っています。
素焼き鉢の周りにはびっしり苔が覆っており、鉢が乾きにくくなり良くないかもしれないのでタワシでこすりました。
この作業は1年ぶりくらいで、今回の蘭友会の会報の記事が思い出させてくれました。

今日(11/5)、お昼のうどん屋さんの洗面所に掛けてあった相田みつをさんの言葉が心に残りました。

花には人間のようなかけひきがないからいい
ただ咲いてただ散ってゆくからいい
ただになれない人間の私

私には上の2行が特に染みてきました。
1行目の「人間のような」を取って

花にはかけひきがないからいい
ただ咲いてただ散ってゆくからいい

この2行だけでも立派な詩であると思います。(勝手に変えてごめんなさい)
ただ咲いては散っていく、そういうものですね。

IMG_2476-3.jpg

IMG_2494-3.jpg

IMG_2486-3.jpg
C. labiata f.concolor‘Simoes’ 花径10.5×11cm 2011/11/5撮影

コメントの投稿

非公開コメント

淡いピンクの・・・

昨年よりは良い状態で咲きましたね。
うっすらピンクのコンカラー、写真でも撮っても
とってもきれいに写っています。カメラマンの技術も
UPしたからでしょうかー。(~o~)

かなさん

ありがとうございます。
そうですね、昨年よりは良い感じですね。
今少しネットで見てみるともっともっときれいに
咲かせていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。
焦らずじっくりいきたいと思います。

今回は儚げな花ですが、そこにも
何かを見いだしたいですね。

写真は何とも…。
これも昔よりは良いかとは思いますが。
現状維持よりは、少しでも上達、のほうが
私にはより好ましいですから続けようと思います。
見てくださってうれしいです。
calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。