スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA

いつも私を楽しませてくれる花です。
今年は4花茎31輪で咲きそうで、今は1つめの花茎だけ咲いています。
芽吹きがほど良く、バルブは上にスラリと立ち上がり、生育も早くて、肥料の効きも良い、育てやすい個体だと思います。

このMiura Otome(ミウラオトメ)との出会いが自分の蘭栽培の第二の節目だったと思います。
それは惹かれるカトレアの花がなくて、蘭展に行ってもいつも何かもの足りない気持ちで帰っていた頃でした。
渋谷東急の蘭展でMiura Otomeを見たときにパッと視界が明るくなったのを覚えています。

第一の節目は父の定年記念旅行の伊豆・堂ヶ島洋蘭センターのお土産コーナーで出会ったLinda Ann(リンダアン)です。
竹は節と節の間が詰まっているのが良い竹だと言います。
人についても、節目が人を大きくすると言われることがあります。

もちろんMiura Otomeとの出会いで私の人間が大きくなったなどとは言いません。
節目というよりは、契機とかきっかけと言った方が良いかもしれません。
ただあのときから生まれたこの花への熱情から、いくつかの大切な出会いがあり、知識も増え、栽培を続けてきたことは確かです。

この先、何が節目かなんて分かりません。
でもちょこちょことチャレンジです。

IMG_2862-2.jpg
Chz. Miura Otome‘White Christmas’BM/JOGA 花径13.5×13cm 2011/11/26撮影

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミウラオトメをいつも大切に思ってくださってありがとうございます。
これも、ご自信の優れた実生株にめぐり会う運(ラビアタのように)によるものかも知れませんよ。
私にしても、マイカイのマユミではない個体にめぐり会えていたおかげで、この交配をすることができましたし。
花とも、人とも、、、不思議なものです、ご縁って。

スマイラックスさん

こちらこそありがとうございます。
普段はそれほど何も思わないのに、あらたまって振り返るとしみじみしてしまう。
ミウラオトメから始まったいろいろな出来事は私のなかでそんな印象です。

ご子息がどんどん成長されていますね、などと身の丈をわきまえないことを言っておりましたが、いろいろな経験をさせてもらっているのは私です。

これからも楽しみながらいきます!
calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。