スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rlc. Warm Color‘Big Foot’SM/JOGA, AM/NOS

「楽しさはどこに」

文庫本も開けないような混雑した電車では、朗読をiPodで聴いている。
朗読は図書館でCDまたはカセットを借りる。
CDの場合はiTunesで取り込んでiPodに入れるだけで簡単。
カセットはやや面倒である。
しかし図書館にある朗読はCDよりもカセットが圧倒的に多い。
用意した機材は、ラジカセとPC取り込み用ツール。(合わせて7千円くらい。)
PC取り込み用ツールは以下のSound Blaster。
http://www.amazon.co.jp/Sound-Blaster-Easy-Record-SB-EZREC/dp/B002P67HYY/ref=pd_cp_computers_0
面倒と書いたがCDよりは面倒なだけで意外と簡単。
ラジカセとSound BlasterとPCを接続して、付属ソフトで5ステップくらいで取り込める。
カセット再生時のシャーという雑音まで消せる。
それをiPodに入れる。(もちろんiPodでなくてウォークマンでもスマホでも携帯でも良い。)
(念のため申し上げるがこれは私的複製であり、私的使用のための複製行為には著作権の効力は及ばない。著作権法30条1項。)
iPod nanoは非常に小さくクリップがついており、スーツやシャツにさらっと付けられる。
今の世の中便利すぎる、中学や高校の頃を思い出すと少し恐いくらいだ、と一瞬感じたが、その頃でも朗読カセットを図書館で借りてダビングし、通学のバスの中でカセットウォークマンで聴こうと思えば聴けたはずだった。
でも通学のバスで勉強をした覚えはなく、思い出すのは、隣のクラスの可愛らしい女の子の横顔を眺めていたことくらいである。
それはさておき、小説でも、映画でも、絵画でも、中身に揺さぶられる時間を持ちたい。
PC・スマホ・携帯・タブレット・iPod・本・映画・テレビ、どれで鑑賞しようが本質的には関係ない。(もちろん本で読んでから同じタイトルを映画で楽しむとか、朗読で聴いてから本で楽しむとかの贅沢はある。)
結局、中身を味わうのが最も楽しいのだ。


写真はJOGA洋らん展展示花です。

SN3V0073-3.jpg

SN3V0075-3.jpg
Rlc. Warm Color‘Big Foot’SM/JOGA, AM/NOS JOGA洋らん展展示花・東京国際フォーラムにて 2012/2/3撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。