スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rlc. Kozo's Scarlet‘Vi-Emi’SM/JGP '95

「カプセルホテル」

十何年ぶりのカプセルホテルでのごく個人的なだらだらした話です。
昨日、一人で高松入りし讃岐うどんを食べ、蘭の先輩と合流、一緒に香川県立ミュージアムで印象派展を鑑賞したのち、骨付鶏を食べながら蘭談議、店を変えカフェでさらにデジカメ談議などをして存分に楽しんでからホテルまで送ってもらい、さて宿泊だ。

ほんの1週間前にホテルの予約を忘れていたことを思い出し、高松周辺のあらゆる宿泊施設をネットで探したものの空いていたのはカプセルホテル1件のみで仕方なく予約していた。

そのカプセルホテルに入ると、ロッカーの鍵をもらい、そこに全ての荷物を入れて、風呂に入り、ホテルのガウンを着て携帯のみ持って、ほかは身一つでカプセルフロアーへ上がった。
暗い廊下からカプセルが左右に碁盤状に広がっている。
社会人になりたてのころ、新宿で時間を忘れ電車をなくすまで飲んで止まったカプセルホテルを思い出した。

早速2段カプセルの上段にもぐりこんでみるが暑い。
風呂上りでなおさら暑い。
額に汗が出る。
それはさておき目覚ましを脇の備え付けの機器にセットし、予備で携帯のアラームもセットすることにした。
音がないと起きられないかもしれないから、マナーモードを解除。
するとピロリーンと音が鳴った。
周囲に音が響いて、あれっもしかして迷惑かな、と思う。
まあいい、とりあえず時間をセットして電源を切った。
するとまた携帯からピロリロと電源オフの音。
また音が響いて、やっぱりこれは迷惑か。
体が熱くなり、汗がじっとり出た。
迷惑迷惑。
やっぱりマナーモードにしなくては、と電源オン。
ピロリーン、おおっ。
そういえばさっき風呂場で、ちょっと怖そうなおじさんがいたよなと思って焦る。
すぐにマナーモードに切り替えて、さあさあ寝よう。
でも暑いです、この状況は。
まず暑さ対策として、過去にこれよりも暑かった寝床シーンをいろいろ思い出した。
クーラーのない部屋で寝ていた高校時代の夜、クーラーオフで我慢して寝た熱帯夜など。
あの夜を乗り越えたのだからこのくらい大丈夫と思う。

そして、もう一つ対策しなければいけないのが騒音。
大きないびき、カプセルへの昇り降りのきしみ音、ときたまのメール着信音などいろんな音が続いている。
過去には、あの上司のいびき、車の音、テレビの音、なんやかやの音の中で寝ていたなあ。
あれらの夜を乗り越えたのだからこれくらいと思う。

さあだから寝られるぞと思って少し落ち着いてみると、歯がざらつくのに気づいた。
どうする、磨く?磨かない?……磨くしかない。
エレベーターで移動して、歯磨きをして、カプセルに戻ってもう一度昔のハードな就寝シーンを思い出して、寝にくい現状を克服、今度こそ寝よう。

おかしい、寝られない、いろんな昔のことを思い出してかえって目が冴えてしまった。
ようし、いつも寝にくいときにやっている、瞼の奥に見える闇に向かって突入しよう。
だめだ、おかしい、どうしよう、とうだうだ1時間くらいしていたらやっと寝ていたようです。
目覚めは良くありませんでした。

繊細な割りには図太いから寝られるだろうと思っていたのですが、そんなことより懐古の情がたたって目が冴えたのが一番の失敗でした。
カプセルホテルでもへっちゃら、何のことはない余裕で寝られたよと豪胆な男のような言葉を言ってみたかったです。


写真は藤沢さいか屋洋らん展の展示花です。

DSC00705-3.jpg
Rlc. Kozo's Scarlet‘Vi-Emi’SM/JGP '95 藤沢さいか屋洋らん展展示花 2012/1/7撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。