スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼け2

「つゆのひぬま」「なんの花か薫る」 山本周五郎

短編ですから、この2日の通勤電車で一気に朗読を聴き終えました。
岡場所(江戸で、官許の吉原に対し、非公認の深川・品川などの遊里。)ものの名作です。
「つゆのひぬま」は2回聴きました。
2回目に涙が出そうになりました。
「なんの花か薫る」ももう一度聴きたいです。
どちらも人情、愛情が凝縮されています。

黒澤明監督の「海は見ていた」の原作がこの2作ということで関心を持ちました。
「柳橋物語」などの江戸時代の庶民ものとはまた違った人間模様ですが、作者の貫くものは一つでした。
「海は見ていた」は観ていませんのでDVDを借ります。
贅沢だと思います。

IMG_4348-3_20120621200557.jpg
夕焼け 2012/6/20 撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。