スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. amethystoglossa‘Belmonte’

「風が吹~いている~」とNHKで繰り返し聞くからでしょうか、夕焼け空が刻々と変わるのが上空の風のせいだと、特に意味なく思うようになりました。

「風が吹いている」といういきものがかりの歌の歌詞をネットで読んでみると、風によって時代を感じたり、日々を感じたり、一瞬を感じたりしているようで、だからそこに壮大で情熱的な希望があり、今の一瞬を絆を持って生き抜く切なさもあって、今までメロディしか知りませんでしたが、歌詞も良いとわかりました。
クラシックは初心者ですがこの歌をオーケストラで聞くと壮大できっと良いでしょうね。
おまけに風と言うと曲名が一字違いのAKB48「風は吹いている」という歌の「頬に感じる 生命の息吹」というフレーズを聞いて実際に頬にじーんときたことがありました。
聞いてすぐに復興支援の歌だと思いましたが、人は風にいろいろな思いを託すようです。

でもそう言えば私は風についてほとんど思いを巡らせたことはなかったと感じ、そもそもいろんなことをいまだに考えていないなあと思って、学生時代に「もっと考えろ」と先輩に叱られたことを思い出したりして、いつもなら恥ずかしくなるところですが、まあないところからスタートするしかないなと前向きになったのも、「風が吹いている」という歌が爽やかで前向きな歌だからかもしれません。

IMG_0320-3.jpg
C. amethystoglossa‘Belmonte’ 渋谷東急らん展展示花 2008/2/1撮影

IMG_4711-3.jpg
夕焼け 2012/8/8撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。