スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ‘ブルーバーユー’

数日前ライカ主催の撮影講習会について書いたら、蘭栽培の先輩でカメラ好きの方から、いくら美人でも知らない人を撮るより愛情を注げるものを撮りたいと、同感してくださるメールをいただきました。(もちろん私は美人を撮るのは好きではありますが。)
嬉しかったです。

犬の撮影だって、自分との関係が薄くて素っ気ない表情のワンちゃんより、じっと自分を見つめてくれるワンちゃんのほうが良い場合が多いと思います。(まあ猫だと素っ気ないのもそれらしくて良さそうです。)
蘭の花だって、展示会でささっと撮影した花より自分で苦労して咲かせた花のほうが熱心に撮影しますし、それが写真にも出ます。(これは先ほどの先輩のご意見で私も同感。)

実は、写真の被写体への愛情については、自分でその重要性を言葉にしたのは最近で、アラーキーの写真家宣言の「写真家としての出発を愛に……」等々の文章を読んだ影響があります。(自分の愛情の深さについては、仕事などで日々反省ばかりですけれど。)
また近く、アラーキーの写真展を観に行こうと思っています。
空を中心とした写真展です。
http://openers.jp/culture/kitamura/araki_nobuyoshi.html
おまけに、ネット上の別の写真展はこちら。
http://www.47news.jp/araki/
これはまだよく観ていませんがほほえましい気持ちになれそうです。
メーキング映像にとても興味があります。
さらに篠山紀信の写真展も初めて行ってみようかな。
http://www.operacity.jp/ag/exh145/

それにしても、身近に写真について共感できる人がいるのは心強いです。
高価なデジカメやレンズにあっちこっち目移りするのですが、そうじゃなくてたくさん撮ろう!

IMG_4998-3.jpg
バラ‘ブルーバーユー’ 2012/9/15撮影

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

>知らない人を撮るより愛情を注げるものを撮りたい

私も同感です。

>高価なデジカメやレンズにあっちこっち目移りするのですが、そうじゃなくてたくさん撮ろう!

そうですね。写真教室の先生のご指導の一つに一台のカメラでなんでも撮れるよう、その1台を使いこなせるようにというご指導もありました・・・そして、レンズも一つでそれを実践されている方もおりました・・・

アラーキー・篠山紀信の両写真展もよさそうですね♪

翠香さん

こんばんは。
昔のカメラも今のカメラも、そしてレンズも、使いこなせるようになりたいですね。
使い込んでいくうちに、機材をどうステップアップしていくかも見えてくるかもしれません。
高感度、連射、オートフォーカスなどなど高機能化していきますが、自分に必要なのがどんな機能かを見極めるには、自分の本当に撮りたいさまざまなシーンで撮り続けることが大事と思います。
カメラやレンズに使われすぎず、使っていくことなんでしょうね。

篠山紀信の写真展は初めてなので特に楽しみにしています。
レノンとオノヨーコの写真なんて、いいですよね。
calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。