スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ‘錦’

先日電車の中で女性が、自然と運がよくなるという意味のタイトルの本を読んでいて、私は少し「そんなものを読んで」とさげすんだ思いをしたのですが、すぐにそれはそっくり山本周五郎を読んでいる私自身に返ってくるのだなと思いあたりました。

「山本周五郎を評して‘人生派作家’とする評家が多いのは、山本に箴言(教訓、戒め、格言のこと)を配置した作品が多いこととも連係していると思われる。」という文章が山本作品の評論家の解説にありましたが、言ってしまえば山本作品は教訓だらけの物語です。
直接「心を豊かにする」とか「人の道を教える」とか「運が良くなる」ということを謳うたぐいの本と、その目的という点ではそんなに違いはないのではないかと思います。
ただこれだけは一言申し上げておきますと、数ある本の中で決定的に違うのは、もしくは抜きんでているのは、山本作品が本物中の本物であるということです。

さて、誰が何を読んでも良いのです。
ただ楽しんでも良し、何かを学んでも良し。
さげすむような思いをしたことをお詫びします。
だいたい人のすることに嫌悪感を抱く時は、自分の中に同じものがあるのですよね。


写真のバラは咲き進むにつれて黄色、オレンジ、赤のようにかなり変化します。
スカイツリーの夕焼けは、これこそ三脚を使うとパキッとした写真になるのですけれど、高感度にして手持ちで撮ってしまいました。
200ミリのレンズですが、もう少し長いレンズもあるといいなと思っています。

IMG_5005-3.jpg

IMG_5019-3.jpg
バラ‘錦’ 2012/9/15撮影

IMG_5067-3.jpg
夕焼け 2012/9/16撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。