スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. intermedia(orlata×vinicolor aqunii)

坂口安吾の言葉に「恋愛は言葉でもなければ、雰囲気でもない。ただ、すきだ、ということの一つなのだろう。」とありました。
なるほどそうでしょうね。

サザンの「SEA SIDE WOMAN BLUES」の歌詞には、「『愛』という字は真心で 『恋』という字にゃ下心」というのがあります。
これも説得力があるような気がします。
(もっとほかに感動的で好きな歌詞は山ほどありますが。)

ピカソの言葉に「私は恋愛の情にかられて仕事をする」とありました。
これは人間の本質を突いていて考えさせられます。

恋愛ってなんでしょう。
レベルは違いますが、私も恋愛について思うがままに書いてみます。
「恋愛は恋の嵐と愛の穏やかさ」
「恋愛は生きる糧」
「恋愛は忍耐を要求する」
「恋愛はお互いのありのままの姿を映す」
「恋愛は仕事の妨げにはならない」
「恋愛は心でするもの」
「恋愛は見つめ合うこと」
「恋愛の恋は優しさ、愛は思いやり」
これらは私の中では勝手に成り立っています。

でも冒頭の坂口安吾のの言葉は特にすんなりと心に入ってきます。
恋愛して(もちろん友達なども含めて)相手を好きな気持ちになる、そんな経験を一生のうちでたくさんしたいですね。

とここまで書いて風呂に入ってふと振り返ると安易すぎる終わり方でした。
恋愛はこれだけでは言い表せません。
いつまでも続くテーマですから、結論はなしにします。

IMG_5148-3.jpg
C. intermedia(orlata×vinicolor aqunii) 白石洋蘭園にて 2012/9/30撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。