スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. labiata f.semi-alba(‘Serenity’בBom Dia’)‘W-2’

先日、母子の愛情は自然発生的で、恋愛における献身は信念ではないかと書きました。
恋愛における献身は信念?、抽象的ですね。
例えば戦時中、仲むつまじい恋人同士がいて、男は徴兵されてしまいます。
女は生きて帰って欲しい一念で戦地に赴く恋人のために腹巻きを作ります。
こうしたとき血縁関係のない恋人同士には信じ合う心すなわち信念が支えとなるはずです。
対して親子のように血がつながっていればごく自然に愛情が湧いてくるでしょう。
恋愛は他人とするものですからは全てがそうとはいかないと思います。
私がぬるま湯の中にいるだけかもしれませんが、今の生ぬるい世の中、信念を必要とする恋愛はあるのでしょうか。
そりゃあるに決まってますけれど。

もう一つのラビアタ・セミアルバの初花が咲きました。
少しワイルドな感じです。

IMG_5729-3.jpg
C. labiata f.semi-alba(‘Serenity’בBom Dia’)‘W-2’ 花径12×15cm 2012/11/10撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。