スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. quadricolor‘Carnea Misato’

ここのところ自分の花の写真を掲載していません。
今日の写真も白石洋蘭園さんの展示花です。
先週末、いつもと違う一眼デジカメで撮影し家で確認すると花の色に満足できませんでした。
それで今週末いつものカメラとレンズで自分の花を再撮影しようと思っている次第です。
いつもはキヤノン、先週末はパナソニックで色味が違うのです。
(もちろんキヤノンのデジカメでも機種が違えば色はいくらか違います。)
ここ数年同じデジカメで撮影しているのでその色に慣れてしまっています。
花の写真は少なくとも花の色を見て、あ、これは色が違うと思わせないものを要求します。
だからカメラやレンズは自分が一度好きになったり気に入ったりしたものをとことん使い倒すのが一番だと思います。
さらに言えば、やはりもっと気に入るものを追い求めてしまうのですが、どこかでその欲求と現状での満足との折り合いをつけなければなりません。
一方、究極の写真を目指してより良い機材を追い求めるべきという考え方もあります。
でもそもそも写真の原点は被写体との心の交流ではなかったでしょうか。
写真の道も茨の道です、と言うのは大げさですね。
また今度もう少し掘り下げてみようと思います。

IMG_6039-3.jpg
C. quadricolor‘Carnea Misato’ 白石洋蘭園にて 2013/1/6撮影

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。