スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chz. Miura Otome‘Miyuki’

ちらほらと咲いてくれます。1花茎3輪でした。
真ん中の写真の花は咲き始めでピンクの色がまだ乗っていません。
この次に咲きそうな花は少し先のパープラタになりそうです。

我が家に「花の写真の撮り方」(夏梅睦夫著)という本があってぱらぱらとめくってしか読んではいなかったのですが、ふと前書きを読みました。
「この本は、野の花ばかりではなく、花壇や温室、鉢植えなどの花を、生態的にではなく、主観的に撮るための基本的な撮影技術を解説しています。客観的に撮った写真と主観的に撮った両方の写真を比べて載せ、写し方によって対象とした花がどのように変わって撮れるかが具体的にわかるようになっています。ここで主観的な写真を大きく取り上げているのは、生態的あるいは図鑑的とよばれる写真に価値を認めないからではなく、主観的な撮り方をした写真のほうが、より自分を表現するのに適しているからです。花の撮り方の技術を身につけ、すばらしい花の世界を他の人にも分かち与えてください。」
さらに「花の写真の撮り方は大きく分けると、客観的に撮るか、主観的に撮るかに分かれる。客観的にとは花を生態的に撮ることであり、主観的にとは作者のもっている写真技術とセンスで感性を表現することで、多くのアマチュアカメラマンが後者の撮り方で、自分を表現することを目指している」
と書いてありました。

なんだか蘭の花の写真がどうあればよいのか分からなくなっていた部分が大方すっきり晴れた気がしました。
もともと私は蘭の写真は家族の記念写真と同じ気持ちで撮っているものです。
となると生態的な記録の意味合いが強くなります。
そしてきれいに撮りたい、という欲求も強くあります。
でも自分を表現するという気持ちはあまりありませんでした。
ということは私の写真は、客観的に生態を記録するほうに重きがあり、その過程で自分なりにきれいに撮りたいという主観が入っていたと思います。
前者よりだったんだなというのが一つの区分の発見であり、だったらそれはそれで良かったのだという納得につながりました。

未熟ながらもやっぱり花の形の美しさを主体に見せたいというのが一番強いです。
それがあって、これから自分らしくきれいに見せられるようにするにはどうしたらいいか、で進めていこうと思いました。
別に方向転換とかの必要はそれほどなかったのかと。
気分が変わるまではこのままいこうと思います。

IMG_1768-3.jpg
Chz. Miura Otome‘Miyuki’ 2011/6/4撮影

IMG_1787-5.jpg
Chz. Miura Otome‘Miyuki’ 2011/6/4撮影

IMG_1777-5.jpg
Chz. Miura Otome‘Miyuki’ 2011/6/4撮影

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
良いお天気になりました。

↑Miyuki 素敵ですね!色がのってくると惹きつけられる色合いですね。
前回のお写真とは、また少し違った感じですね。季節・気温・日照の違いはあるかもしれませんが、今回の方が、フリルが多く元気な感じがします。

写真、難しいですが、客観的と主観的両方こなせるようになると理想ですが、プロでもなかなかでしょう・・・趣味の世界ですから、自分流に・・・そんな風に思っています。(だから私はいつまでたっても上達しないのかもしれませんが・苦笑)

以前の記事で、交配(フラスコ)について触れられているのがありましたね。
良い花が咲くことのみが、目的と思っていたのですが、それを越えるとその花をみんなが育て魅了されると言う世界に行き着くのですね。考えてもいなかった事でしたので、思わず、納得でした。夢は果てしなく!!ですね♪

こんばんは。

コメントありがとうございます。
ミウラオトメは、だいたい咲き始めはやや暗い感じなのですが次第に色が乗ってきます。

写真はそのときの気分で気ままに気楽にやっていこうと思います。
頑張るぞと思えば頑張ればいいですしね。

交配は気の長い過程があるだけに、咲く花にやっぱり期待してしまいます。
蘭の実生は人間でほとんどが平凡な子どもが生まれるのと同じだと、「100の蘭」(福原義春著)にありましたが、きっとそうなのでしょう。
期待したり、そうしながら育てて、その結果、よろこんだり、がっかりしたり、そういう経験ができるだけでもいいと思います。
もちろんいい花が咲いてほしいですけどね。
実生については、結果を求めるものですが、結果がすべてでもないと思います。
楽しんでやれるうちは続けたいものです。
calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。