スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. trianae‘Miyuki’

昨日ふらりと寄った本屋で「徒然草」の解説本を斜め読みしていて、以下のような現代語訳がありました。

「双六の名人と呼ばれている人に必ず勝つ方法を聞いてみると勝ちたいと思って打ってはいけない、負けてはいけないと思って打つものである。」

勝ちたいと思うと欲が出る、それよりも負けないよう負けないよう地道に取り組む、というようなことのようです。
私も昔テニスで試合中にこれなら勝てると思ったら結果負けたという経験を何度もしたことがあるので、なるほどと思わされました。
そして何かをやろうとしたとき、創るなら基礎を固める、攻めるなら外堀を埋める、守るなら足腰を鍛えるといった地道なことを続けていくのが結局は近道だということなのですね。

IMG_6527-3.jpg
C. trianae‘Miyuki’ 2013/3/3撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM,190mm,F8,SS1/50,ISO200,絞り優先AE,AWB,トリミング)

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。