スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国蝶・オオムラサキ

国蝶に指定されているオオムラサキをご覧になったことはありますか?
私はぼんやりとしかそれを思い浮かべることができなかったのですが、いつも見ている蝶好きの叔父のブログにオオムラサキが掲載されたのを見て美しいなと思いました。
蘭でも何でも品があるものは確かに品があって、オオムラサキもそうだと思います。
下記が叔父のその日のブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kagyuenmoli/e/68964c59c52e7c187a3be6221a011962

ただそのオオムラサキは叔父が見つけたのではなく、その日一緒に探索していた別の方が発見したそうで「専門家の作ったきれいな開花株を買ってきて写真を撮ったようなもので苦労が伴っていないものは感動がやや薄いですね」との、うーんなるほど分かるというコメントをもらいました。
この叔父が面白いブログを継続していることや、ときどき私のブログも見てもらっていることが、私のやる気の大きな源です。

でもやっぱりオオムラサキって品がある蝶ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

おはようございます。

オオムラサキ、拝見してきました。
凄いですね~~私は、確か、まだ子供が小さかった頃どこかの植物園?かなにかでオオムラサキの飛び交っているゾーン(ハウス)があり、凄く飛んでいるのを見た記憶があります。その時は、大勢人がいましたから、あ~飛んでる!!でした(苦笑)
叔父さんの接写凄いです。鱗粉や背中の産毛には、お~~!!感激!!です。
やはり接写の魅力、しびれます。
オオクラサキ自体も国蝶だけあって、素晴らしいですね。

9日アップの、交配の過程も興味深く拝見させていただきました。
親は、何ですか?そして交配のねらいは??

お嫁入りしたミウラ・オトメ、リード一番大きくなって花も期待していましたが、
可愛がりすぎてか?(薄い液肥をオトメだけにはかけていた・・・)その脇に両方からリードが出てきてしまいました。
この2つのリードを上手く育てることが、課せられた課題のようです・・・♪
(コメント、2つ一緒になったりして、スミマセン、時間に余裕がないとつい・・・読ませていただくだけの時も往々にあります・・・)
今日は、これから、PCの新しいのを買いに行きます・・・

こんばんは。

オオムラサキを見ていただいたようでありがとうございます。
叔父も喜ぶと思います。
叔父は多分今年の1月ごろeos7Dを購入し、どんどん慣れて日増しに蝶の撮影がうまくなっていると思います。

交配については、C.Linda Ann×C.World Vacationです。
どちらもそれぞれの作出蘭園の代表的な株だと思いますが、Linda Annがそれほど花形も良くなく初心者向けの廉価なものだけに、その子どもには大きな期待はできません。
ただLinda Annは私が10年以上前自分で購入して栽培した最初のカトレアだけに思い入れが強いのです。
その子どもを作ってみたかったという記念の交配であり、また初めての交配でもあって狙いはありませんでした。
そんな交配でも20に1つくらいは…と期待しています。

嫁入りしたミウラオトメはリードが充実していても咲かないときがあります。
2回に1回くらいは私の経験上、上品な花が咲きますので気長にお願いいたします。
かわいがっていただいてありがとうございます。

こちらのブログには、気楽に見に来てくださいね。
お忙しいと思いますから。
なにより気楽なのが一番です。

新しいPC良かったですね。
PCを購入する日というのは私だとものすごくうれしい日の一つです。
calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。