スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. trianae‘101202’

昨日は、科学技術館の蘭のフリーマーケットと国立新美術館の印象派展に行きました。
フリーマーケットは多くの方と話せて楽しかったですね。
印象派展もまた良かった。
会場に入ると最初の絵がモネで、おおよその展覧会というものは最初はそれほど有名な画家の絵ではないので、少し驚いて息が詰まる思いをしました。
またその時、自分のまわりの空気がひんやりと澄んでいくような感覚を味わい、それだけで行って良かったと感じました。
モネの絵は以下の2点で素晴らしい絵でした。
「藁ぶき屋根の家」 上原近代美術館から
「サン=ジェルマンの森の中で」 山形美術館から
そして、ゴッホの絵も良かった。

写真のトリアネーはペタルがいかにもトリアネーらしく垂れ下がっています。
整型とは言えないながらも、色もやわらかくてなんとなく惹かれる花です。
薄暗くなって撮影したのでデジカメのホワイトバランスの関係で、リップの赤色が少しセルレアっぽく写ってしまいました。

IMG_8814-3.jpg
C. trianae‘101202’ 花径14×15cm 2花茎4輪 2013/12/22撮影
(EOS5D2,EF70-200mm F4L IS USM)

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。