スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. Little Oliver‘Tomoko’

今日は表参道の写真展に寄ってきました。
そこで以下の言葉を知りました。

「もし君の写真のできがあまりよくないのならばそれは、被写体に十分近づいていないからなのだ」 ロバート・キャパ

当たり前の言葉ですが、世界で最も有名なカメラマンの一人が言うと説得力がありますね。
ただし一眼レフカメラでカトレアを撮影するなら、少し離れて望遠レンズで撮った方が花が浮き立って見えると思います。(100mmのレンズよりも離れて200mmの望遠レンズで撮った方がより花が浮き立って好ましい写真となる場合が多いと最近思います。)
それでもキャパのこの言葉はスナップ撮影をはじめあらゆる撮影において、被写体に心身共に近づくという写真の本質を含んだゆるぎない説得力を持っていると思います。

IMG_8689-3.jpg
C. Little Oliver‘Tomoko’ 花径11.5×11cm 1花茎2輪 2013/12/6撮影
(EOS5D2,EF100mm F2.8L マクロ IS USM)

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。