スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の話題

昨日のブログで話題にした件をもう一度。
読み返してみると内容も整理されていなくて自分で読んでも理解しづらいです。

結局のところ今言えることは、人の意見に耳を傾けるとラッキーなことがあるということと、自分なりの好みを深めようということくらいですね。
仕事でも単純なことをややこしく説明してしまうことがあり、反省です。

写真は今年の正月の初詣で訪れた広島の宮島・厳島神社です。
何か震災後の今とは違う平穏な空気が写っている気がします。

今日の日経新聞で五木寛之氏が「ものの考え方、感じ方が3月11日以前と以後とでは、がらっと変わった。何をするにも必ず一つの色が入り込んできて、その色を通してしか周囲が見えない、という実感がある。」と言っていました。
震災後は、震災によって自分に作られたフィルターを通して物事を見ているのでしょう。
だからこの写真にこれまでの自分なら気にもとめない平穏な空気を感じたと思います。
震災前と後では確かに違うものがあります。

IMG_1230-2.jpg

IMG_1218-2.jpg

IMG_1198-2.jpg
宮島・厳島神社 2011/1/2撮影

コメントの投稿

非公開コメント

ことば

ややこしい説明は、見るだけでも嫌、という人もいますが、わたしはその微妙なニュアンスを感じ取りたくて、よくよく読んでみるのが好きです。(マニュアルや説明書なら別ですが。)
簡潔な言葉は分かりやすいけど、個人個人の感性でで読み取っているニュアンスが、色々変わってくるかなと思います。ブログだし、簡潔じゃなくたって、むしろ、いっちゃんの考えている道順を感じられますよね。

引き潮の赤い鳥居の下に、思い思いの初春を楽しむ背中は穏やかですね。
良くある風景のイメージ写真は満潮の時かな。

バラの葉って、きれいなんですね。やはり、色々改良されているのでしょうか?
ちなみに私は2番かな。忘れるというより、それはそれとして尊重するけど、自分は感化されるかどうかは、また別問題。いづれにしても、先入観や自意識は置いといて、素直に受け止めることは、とても大切。
学生の頃、自分の言葉で話しているつもりだったけど、そうじゃなかったと気づかされたことがあり、それからは自分の言葉を探して話したり、文章にするようにしています。本が好きで言葉は大切にしたくて、やはり、こだわりはあるのかもしれません。
なぜか、蘭のコメントよりこういうコメントのほうが、多くなってます。(笑)

スライマックスさん

いつもありがとうございます。
そうですね、時には思いのままを書いてしまえという勢いもあっていいのだと思います。
考えの道順は、自分にとっては意外と大事だったりします。
これからも楽しみながら書いていきます!

この夏、また宮島を訪れるかもしれません。
また同じアングルで撮影してみたいものです。

バラの葉がきれいだと思えるってなんだかお得ですよね。
人の意見を先入観なしに素直に聞けるといいなと思います。
自分の言葉探しというか、こういう話題は私も楽しいです。

貴蘭園のHP、拝見していますよ。
貸し温室でも今日話題が出ました。
我が家のChz. Miura Otome × C. Melody Fair 'Carol'はやっとシースがつきましたのでそろそろ咲いてくれるかな。
楽しみです。
calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。