スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. purpurata f.russelliana‘Graciana’

「ものはすべて露出度が少ないほど奥ゆかしく、想像力をかきたてられるものです。」
こんな文章を最近読みました。
瀬戸内寂聴さんが昔、週刊新潮で荒木経惟への手紙として書いたものの一部です。
男ならすぐに理解できますね。

谷崎潤一郎「文章読本」には文章を書く際に気をつけることとして、
「意味のつながりに間隙を置くこと」
を挙げています。
冒頭の文章と似たように読めます。

だから?
「含みを持たせる」ことが大事ということでしょう。
それで?
「含蓄」と谷崎潤一郎は言っています。
で?
写真でも文章でも、対象に含ませるための蓄えが必要です。
蓄えって?
対象や被写体への想いでしょう。愛情でしょう。

IMG_1899-3.jpg

IMG_1901-3.jpg

IMG_1891-3.jpg

IMG_1906-3.jpg
C. purpurata f.russelliana‘Graciana’ 花径14.5×15cm 1花茎5輪 2014/6/22撮影
(EOS6D,EF24-105mm F4L IS USM)

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。