スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. trianae‘110103’

先日、ブログを書くのは自己愛と言うのをちょっと否定するようにいきがってみましたが、甘かったです。
いろいろ自分のやろうとしていることを振り返ると、自分は自己顕示欲の塊でありました。
と、つまらない告白はここまでにして。

ここしばらく読んでいる本は著者が60代以降の頃に書いた本ばかりで、例えば瀬戸内寂聴なら70代の頃、荒木経惟も60代以降、小林秀雄も60歳頃でした。
そんな、人を愛し続けて達観した仙人のような人の書いたものばかり読んでいたら、どうにも自分が背伸びをするようになっていたのかもしれません。
私は地に足がついていなかった。

瀬戸内寂聴のまだ若く40代の頃の吉行淳之介や遠藤周作との対談を読んでいると、意外にも若い人なりのことを言っているんですね。
「小説を書くってことは、自己顕示欲でしょ」などとあります。
(小説もブログもツイッターも似たところがありますね。)
もちろん若くして既に非常に鋭く、光るところがあってしかも当然地に足はついているのですが、それでも若い人なりです。

自分で自分がどういう状況にあるか、そのくらいは自分で考えなければいけないのに、思慮が足りないですね。
少し前に載せたような詩みたいなものをひたすら書き続けていれば多少はましになることはわかっていながらも…。
また明日…。

IMG_0631-3.jpg

IMG_0630-3.jpg
C. trianae‘110103’ 花径14×14cm 1花茎2輪 2014/3/30撮影
(EOS6D,EF70-200mm F4L IS USM)

コメントの投稿

非公開コメント

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。