スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C. World Vacation‘Zambezi’

今日は、朝が花の撮影、昼仕事、夜飲みでした。
2枚の写真はバックの色が違うだけです。
左側のペタルにカラーブレイクと言う、色の乱れがあります。
それが出やすい品種もあるようですね。
ちょっとネットで調べましたが原因など詳細はよく分かりませんでした。

先日、花の撮影でのカメラのレンズ比較のことを書きました。
今だに高価でもあるレンズのことを書いて少し後悔していますが、それは置いておいてその後「レンズの違いで写真の違いはありました?」と聞かれあっさり「いやーそんなに違いませんでしたね」と答えた自分がいました。
同じアングルで同じものを同じ大きさに撮影しているのだから、しかもそれをブログにアップするのに大幅に縮小しているのだからレンズの違いはほとんど出てきません。
カトレアの花を撮影するのに高価なレンズは必要ないかもと思います。
カメラだってある程度そうかもしれません。
私の腕によるところもあるのですが。

レンズはやっぱりその焦点距離などの特性に応じた撮影をすることで生きてきそうですね。(そこが私の問題です)
カメラもそうでしょう。
今あるものをせっかくだから使い込むべしと思います。
道具に振り回されるより、道具を振り回したいものです。

IMG_2037-3.jpg

IMG_2040-3.jpg
C. World Vacation‘Zambezi’ 2011/8/12撮影

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

2枚のワールドバケーション、良く撮れていますね。
私の好みとしては、というより、この花に関しては、1枚目のバックのほうが、良いように思います。

レンズやカメラは、その目的によって、どのようなものが必要かが違ってきますね。
ブログや、HPなどで比較的小さなサイズでしか見られない場合と、一つの花を大きく伸ばしてカレンダーのようなものに仕立てるのとは、違うと思います。
私もHPだけに乗せるが目的ならそんなに良いカメラはいらないと言われたことがあります。
それと、画像の加工でどのようにでも(ある程度は)なるといわれたことがあります。
私としては、なるべく画像の加工をしないで、そのまま使いたいのですが、自分のイメージ通りになかなか撮れないのが現実です。
少し、話がずれてしまいました・・・

>今あるものをせっかくだから使い込むべしと思います。
道具に振り回されるより、道具を振り回したいものです。

全く同感です!!

翠香さん

そうなんですよね、カメラやレンズでボケ方は確かに違ってくるのでそこをうまく押さえれば、花の写真については大体はそれなりの写真が撮れる気がします。
私の場合はもうワンパターン化していますが。

画像の加工については私もあまりしたくありません。
トリミングと縮小(ただ縮小時にシャープネスをかけます)、あと必要に応じて傾きの修正がいつものやり方です。
トリミングと縮小はVixというフリーソフト、傾きの修正はphotoshopを使っています。

ファインダーやカメラの液晶画面を見ている時に気付いておくべきだった、ということが多いのでもっと撮影時にしっかりファインダーを見て要るもの要らないものを整理しなければいけないのですがなかなか…。

撮影の際、視野が狭くなってしまうのでもっとしっかりした手順を踏むことに慣れないといけないと思っています。
楽しめる範囲でやっていけるといいですよね。
calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
monthly
リンク
ブログ内検索
いっちゃん宛メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。